【天龍寺法堂の雲龍図】公開期間(2022年日程)や料金と見どころ(歴史&作者の意図&大きさ)を….今知りたぃの❓

スポンサードリンク

天龍寺法堂の雲龍図の歴史

雲龍図は、1899年(明治32年)、鈴木松年によって天龍寺法堂の鏡天井に描かれた龍の絵でした。

1997年(平成9年)、法堂移築100年を記念して、また夢窓国師650年遠諱記念事業の一環として、加山又造画伯が新しい雲龍図を制作しました。

現在法堂の天井に見ることのできる雲龍図は1997年の新しいものです。

加山又造画伯が70歳の時に描かれ、その後2003年に文化勲章を受章。翌2006年に76歳で逝去されました。

古いものは損傷が激しかったため、現在では一部が天龍寺にて保管されているのみです。毎年2月、明治期の古い雲龍図が大方丈で一般公開されているので、こちらも見どころの1つです。

雲龍図(法堂天井)の大きさ

  • 縦:10.6m
  • 横:12.6m
  • 雲龍図直径:9m

スポンサードリンク -Sponsored Link-






雲龍図の制作過程

  1. 厚さ3cmのヒノキ板を159枚張り合わせる
  2. 全面に漆を塗る
  3. 漆の上に白土を塗る
  4. 直接、墨色で彩色を行う

天龍寺法堂の雲龍図の特徴

画像は天龍寺公式インスタグラムより

天龍寺法堂の雲龍図は五本指!指の数が「5」の理由とは

龍とは古代の日本において「天皇」を象徴する存在でした。

これは、古代の中国社会において、龍が「皇帝」を象徴するものだ……という概念が、日本に渡来し、染みついたものです。

天龍寺は寺の名前に「龍」の文字があるため、寺紋も「雨龍」になっているなど、龍と様々なご縁のつながる寺院です。

雲龍図もその1つですが、天龍寺法堂の新しい雲龍図には1つ注目すべき特徴があります。

それは、雲龍図の龍が、5本の指爪を持っている龍だということ!

実は、古代「皇帝」や「天皇」をあらわすとされた龍は、「5本指の龍」のみでした。

ひとくちに「龍」と言ってもいくつかの階級があり、その中でも最高位の龍は指や爪が5本あると言われていたのです。

したがって、天皇の所持品など、帝に関係するものには5本指の龍が描かれることがありましたが、そうでない場合に5本指の龍を図案化することは、長い間実質的な御法度でした。

天龍寺の寺紋「雨龍」は、爪の数がわからない程度の下位の龍を図案化したものです。

また先代、明治期に描かれた天龍寺法堂の雲龍図は3本でした。

このように、龍を図案化する場合は、天皇家に敬意を表して「5本指の龍」を描くことは避ける、というのが歴史の不文律だったのです。

そこで、平成に入って新たに雲龍図を作成することになった際、もはや時代錯誤の踏襲は避けるということで、あえて5本指の龍が描かれました。

天龍寺法堂の雲龍図は八方睨みの龍!

天龍寺法堂の天井の雲龍図は、「八方睨みの龍」として知られています。

これは、法堂の天井画の下なら、どの位置から見ても、龍がこちらを見ているように見える……という不思議な絵。

普通なら、目線をやっている方向が決められていて、その他の方向から見れば龍とは目が合わないはずですが、「八方睨みの龍」の場合は部屋のどこにいても、上から見られている視線を感じてしまいます。

人間の目の錯覚を上手に利用した「八方睨みの龍」は天龍寺だけではなく、妙心寺など全国に見られます。

天龍寺法堂・雲龍図の2022年度の公開日程(期間)・公開時間など

雲龍図は「特別公開期間」以外は土曜日・日曜日・祝日しか公開が行われていませんので、注意して訪れましょう。

雲龍図の通年公開期間

公開日 公開時間
備考
土曜日・日曜日・祝日 09時~16時30分閉門 [受付終了16時20分] 春夏秋の特別参拝期間は毎日公開
行事等により参拝不可日あり
雲龍図(法堂)参拝休止日   2022年10月28日(終日)・29日(終日)・30日(14時より公開予定)
※12月31日~2023年1月2日 など

雲龍図の特別公開期間

期間 公開時間
2022年(令和三年)1月29日(土) ~ 7月31日(日) 09時~16時30分閉門 [受付終了16時20分]
2022年(令和三年)8月06日(土) ~ 8月16日(火)
2022年(令和三年)9月10日(土) ~ 12月11日(日)

上記の期間以外は土曜・日曜・祝日のみ公開となります


スポンサードリンク -Sponsored Link-






天龍寺法堂・雲龍図の拝観料・拝観時間

公開時間

9時 ~ 16時30分閉門 [受付終了16時20分]

法堂および雲龍図の参拝休止日(2022年)

  • 2022年10月28日(終日)・29日(終日)・30日(14時より公開予定)
  • 12月31日~2023年1月2日

臨時で参拝休止が行われることがあります。

参拝料金

小学生以上1人500円(庭園・諸堂参拝料は別途要)
※未就学児は無料

雲龍図公開場所or参拝受付場所など

  • 公開場所:法堂(はっとう)
  • 参拝受付場所:法堂受付(法堂西側)

こちらのページでご紹介する内容は変更になっている場合がありますので、最新情報は公式ホームページなどでご確認ください。

天龍寺法堂の龍に見つめられて厄落としと開運を!

龍は高貴な生き物です。

龍神信仰においては、龍は水の神とされ、水の気に左右される金運を司ると言われてきました。

また風水では、悪い運を追い出し、良い運をもたらす気脈のことを「龍脈」と呼びます。

様々な角度から見て龍はあなたに最強の開運パワーをもたらしてくれるスーパー架空アニマルなのです。ワッハッハー

天龍寺法堂の雲龍図も、眼力鋭く、悪運を退けようという意気に満ち満ちています。

ぜひ500円ケチったりせず、法堂の雲龍図から大きなインスピレーションを受けてみてください。

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-




当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ