天龍寺「多宝殿」

スポンサードリンク

天龍寺「多宝殿」

読み方

てんりゅうじ たほうでん

建築年

1934年(昭和9年)

建築様式(造り)

建物:入母屋造

屋根:浅瓦葺

その他の特徴:前面に拝堂、後面に祠堂を相の間でつないだ造り。拝堂には正面1間の向拝付き。

所蔵品

  • 後醍醐天皇尊像
  • 歴代天皇尊牌

参拝料


庭園+諸堂参拝料が必要です。

  • 庭園参拝:高校生以上500円/小中学生300円/未就学児無料
  • 諸堂参拝:小学生以上300円/未就学児無料

天龍寺多宝殿はどこにあるの?多宝殿の場所

天龍寺参拝の折に、「諸堂参拝」の料金を支払うと、中に入ることのできる「諸堂」。

この「諸堂」とは、大方丈、書院(小方丈)、多宝殿の3箇所を示しています。

このうち多宝殿は、書院(小方丈)の奥から伸びる、屋根付きの廊下を通って訪れることができます。

屋根付きの廊下は、多宝殿に向かって何段か階段をのぼった後、ゆるやかな上り坂になっています。

多宝殿に向かう途中、右側に祥雲閣・甘雨亭という2棟の茶室を見ることができるでしょう。

祥雲閣も甘雨亭も、諸堂参拝で中に入ることはできませんので、ここで良く見て行くことがおすすめです。

祥雲閣は、千利休が聚楽屋敷に作ったと伝えられる「残月亭」という茶室を模して作られた、千利休ゆかりの茶室です。

甘雨亭は、多宝殿建立にあたって、記念事業として天龍寺の第7代管長であった関精拙老師が建立しました。

天龍寺多宝殿は後醍醐天皇を祀っている祠堂

天龍寺が建立されたのは、1339年(暦応2年)のことです。(落慶は1345年)

開山にあたっては足利尊氏が主体となり、当時国内では最も徳の高い僧であった夢窓疎石が招かれました。

その天龍寺開山の主目的は、足利尊氏とトラブル含みで失意のうちに亡くなった、後醍醐天皇の供養であると言われています。

天龍寺開山にあたっての詳しい経緯や歴史、足利尊氏と後醍醐天皇の関係については、「天龍寺のご本尊はどんな仏様?天龍寺の歴史について・由来など」に詳しく解説しておりますのであわせてご参照ください。

結論から言えば、足利尊氏は後醍醐天皇との争いに勝利したものの、後醍醐天皇の死後はその怨霊に苦しめられ、怨霊鎮めと世相の安定を目論んで天龍寺を建立しました。

そして、天龍寺は現在に至るまで、後醍醐天皇の尊像をお祀りしているわけなのですが、その場所がこの「多宝殿」です。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






後醍醐天皇の尊像は諸堂参拝で拝見することができる

多宝殿の奥側にあたる祠堂では、後醍醐天皇の尊像が安置され、鎮魂を祈ってお祀りされています。

天龍寺に後醍醐天皇が祀られたのは、夢窓疎石が足利尊氏に、「後醍醐天皇の霊を祀って、天下に和平をもたらすように」と進言したためと言われています。しかし、この後醍醐天皇像自体がいつ、誰によって作成されたのかは、なぜか伝えられていません。

後醍醐天皇像

  • 素材:木像
  • 像高:124.2cm
  • 作成年・作者:不詳

天龍寺多宝殿の場所や造りは後醍醐天皇絡み!

天龍寺はそもそも、平安時代に檀林寺という寺院があった所を、檀林寺没落後に天皇家が離宮として使用していた場所でした。

この離宮は1255年(建長7年)に後嵯峨上皇が整備し、後嵯峨上皇の息子・亀山上皇が1274年(文永11年)の譲位後、離宮を営んだことで亀山離宮、亀山殿(かめやまどの)、嵯峨殿等と呼ばれていました。

その後、後醍醐天皇が学問所として使っていた場所が、現在の多宝殿の場所であると伝えられています。

また多宝殿の建築様式は、後醍醐天皇が吉野に南朝を営んでいた時代の、紫宸殿の様式をそのまま踏襲し建築されたものです。

後醍醐天皇は、南北朝時代に吉野に王朝を置きながら、執念深く京都の奪還を念じていました。

通常、天皇陵は「天子南面」(皇帝は南向き!という古代中国の風習)の鉄則に則って、南面して造営されるものですが、後醍醐天皇陵に関しては別です。

後醍醐天皇陵は、吉野の地に、京都の方角……つまり北面を向いた状態で造営されています。

これは、

「玉骨はたとひ南山(吉野)の苔に埋まるとも、魂魄は常に北闕(京都)の天を望まんと思ふ」

という後醍醐天皇の遺言に従ったもの。

一方の天龍寺多宝殿は、「天子南面」のとおり、南向きに作られています。後醍醐天皇像も、南を向いて鎮座している形です。

天龍寺の多宝殿は、後醍醐天皇にとって、政権奪還の無念を癒す、彼だけの永遠の紫宸殿なのかもしれませんね……。

ところで後醍醐天皇陵ってどこにあるの?

天龍寺多宝殿はあくまでも後醍醐天皇の尊像があり、後醍醐天皇をお祀りしている場所に過ぎません。

さきの話にあった、「北面する天皇陵」後醍醐天皇陵は、南朝のあった吉野の地に存在しています。

場所は、奈良県吉野町の如意輪寺。浄土宗の寺院です。

如意輪寺の御霊殿には、後醍醐天皇が自作したと伝えられる後醍醐天皇像が安置され、この像は秋に特別公開がされています。

また如意輪寺の境内に、後醍醐天皇陵がひっそりと営まれています。

塔尾山 如意輪寺のお問い合わせ先

住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山1024

TEL:0746-32-3008

アクセス:近鉄吉野駅よりタクシーでおよそ7分

スポンサードリンク -Sponsored Link-




当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ