天龍寺「法堂」「雲龍図」

スポンサードリンク

天龍寺「法堂」「雲龍図」

読み方

てんりゅうじ はっとう

建築年

不明。1864年(元治元年)、禁門の変(蛤御門の変)のため焼失

再建年

1899年(明治32年)

江戸時代後期建立の「雲居庵禅堂(選佛場)」(読み方:うんごあんぜんどう・せんぶつじょう)を移築し再建された

※選佛場とは、禅寺において座禅場という意味。

建築様式(造り)

建物:寄棟造

屋根:浅瓦葺

天井:鏡天井(平面的な板張り天井。禅宗建築に多い様式)

御本尊

釈迦三尊像

その他所蔵品

  • 光厳上皇ご位牌
  • 夢窓疎石像(木像)
  • 足利尊氏像(木像)
  • 雲龍図

法堂とは何をするところ?

「法堂」は「はっとう」と読みます。

言葉の意味としては「説法堂」という意味があります。名前のとおり、住持(ご住職)が聴衆の皆さんに説法を行う場所が「法堂」です。

天龍寺の法堂は向きが特徴的!?

天龍寺は禅宗の寺院です。

禅宗建築は、多くが南面、つまり建物の正面が南側に向いた形で建設されています。

これは、中国から「王者南面」の思想が伝わったものが踏襲されているためです。

古代日本においても中国の考え方を踏襲し、寺院に限らず御所でも、地位の高い人は北極星のある北側に、南側を向いて座すのが通常でした。禅宗寺院の多くも、この方式に則って、基本的には南に面して建築されます。

しかし、禅宗寺院である天龍寺の法堂は、東面で建てられているのが、特徴の1つです。

同じ仏教でも、阿弥陀信仰の寺院などは極楽浄土のある西方を拝むため、正面を東に向けて建築される場合があります。

しかし天龍寺は禅宗寺院であるため、これには該当しません。

天龍寺の法堂がなぜ東向きなのか、その理由は明らかになっていませんが、移築時の条件等で向きが変わることもあります。

天龍寺法堂を訪れた際は、向きも特徴の1つであると思い出してみてください。また東向きですので、法堂を写真に撮るなら、午後よりも午前中、早い時間帯のほうが、陰にならずおすすめです。

天龍寺法堂が蔵する雲龍図とは?

雲龍図は、1899年(明治32年)、鈴木松年によって天龍寺法堂の鏡天井に描かれた龍の絵でした。

1997年(平成9年)、法堂移築100年を記念して、また夢窓国師650年遠諱記念事業の一環として、加山又造画伯が新しい雲龍図を制作しました。現在法堂の天井に見ることのできる雲龍図は1997年の新しいものです。

加山又造画伯が70歳の時に描かれ、その後2003年に文化勲章を受章。翌2006年に76歳で逝去されました。

古いものは損傷が激しかったため、現在では一部が天龍寺にて保管されているのみです。毎年2月、明治期の古い雲龍図が大方丈で一般公開されているので、こちらも見どころの1つです。

雲龍図(法堂天井)の大きさ

  • 縦:10.6m
  • 横:12.6m
  • 雲龍図直径:9m
雲龍図の制作過程

  1. 厚さ3cmのヒノキ板を159枚張り合わせる
  2. 全面に漆を塗る
  3. 漆の上に白土を塗る
  4. 直接、墨色で彩色を行う

天龍寺法堂の雲龍図は五本指!指の数が「5」の理由とは

龍とは、古代の日本において「天皇」を象徴する存在でした。これは、古代の中国社会において、龍が「皇帝」を象徴するものだ……という概念が、日本に渡来し、染みついたものです。

天龍寺は寺の名前に「龍」の文字があるため、寺紋も「雨龍」になっているなど、龍と様々なご縁のつながる寺院です。

雲龍図もその1つですが、天龍寺法堂の新しい雲龍図には1つ注目すべき特徴があります。

それは、雲龍図の龍が、5本の指爪を持っている龍だということ!

実は、古代「皇帝」や「天皇」をあらわすとされた龍は、「5本指の龍」のみでした。ひとくちに「龍」と言ってもいくつかの階級があり、その中でも最高位の龍は指や爪が5本あると言われていたのです。

したがって、天皇の所持品など、帝に関係するものには5本指の龍が描かれることがありましたが、そうでない場合に5本指の龍を図案化することは、長い間実質的な御法度でした。

天龍寺の寺紋「雨龍」は、爪の数がわからない程度の下位の龍を図案化したものです。また先代、明治期に描かれた天龍寺法堂の雲龍図は3本でした。このように、龍を図案化する場合は、天皇家に敬意を表して「5本指の龍」を描くことは避ける、というのが歴史の不文律だったのです。

そこで、平成に入って新たに雲龍図を作成することになった際、もはや時代錯誤の踏襲は避けるということで、あえて5本指の龍が描かれました。

天龍寺法堂の雲龍図は八方睨みの龍!

天龍寺法堂の天井の雲龍図は、「八方睨みの龍」として知られています。

これは、法堂の天井画の下なら、どの位置から見ても、龍がこちらを見ているように見える……という不思議な絵。

普通なら、目線をやっている方向が決められていて、その他の方向から見れば龍とは目が合わないはずですが、「八方睨みの龍」の場合は部屋のどこにいても、上から見られている視線を感じてしまいます。

人間の目の錯覚を上手に利用した「八方睨みの龍」は天龍寺だけではなく、妙心寺など全国に見られます。

天龍寺法堂・雲龍図の拝観料・拝観時間・拝観可能期間など

雲龍図は、「特別公開期間」以外は土曜日・日曜日・祝日しか公開が行われていませんので、注意して訪れましょう。

雲龍図の特別公開期間(2018年)

  • 春の特別参拝:2018年3月3日(土) ~ 5月20日(日)
  • 秋の特別参拝:2018年9月1日(土) ~ 12月2日(日)と嵐山花灯路期間

上記の期間内は、毎日公開が行われます。

上記以外は、土日祝日のみ公開されます。

公開時間

  • 3月21日~10月20日;9:00~17:00
  • 10月21日~翌3月20日;9:00~16:00

17:00、16:00はそれぞれ閉門時間ですので、ギリギリにならないように訪れましょう。

法堂および雲龍図の参拝休止日(2018年)

  • 12月29日~1月2日
  • 2月3日
  • 10月28日~30日など

臨時で参拝休止が行われることがあります。

参拝料

  • 小学生以上 500円/1人

庭園・諸堂参拝料は別途となります。

上記は、2018年6月現在の情報です。
変更になっている場合がありますので、最新情報は公式ホームページなどでご確認ください。

天龍寺法堂の龍に見つめられて厄落としと開運を!

龍は高貴な生き物です。

龍神信仰においては、龍は水の神とされ、水の気に左右される金運を司ると言われてきました。また風水では、悪い運を追い出し、良い運をもたらす気脈のことを「龍脈」と呼びます。様々な角度から見て龍はあなたに最強の開運パワーをもたらしてくれるスーパー架空アニマルなのです。ワッハッハー

天龍寺法堂の雲龍図も、眼力鋭く、悪運を退けようという意気に満ち満ちています。

ぜひ500円ケチったりせず、法堂の雲龍図から大きなインスピレーションを受けてみてください。

スポンサードリンク -Sponsored Link-




当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ