【これ5選!】嵐山温泉人気おすすめランキング&嵐山温泉の歴史っ!

スポンサードリンク

【これ5選!】嵐山温泉人気おすすめランキング&嵐山温泉の歴史っ!

京都・嵐山エリアで古い歴史を誇る温泉地、嵐山温泉のおすすめ温泉を、天龍寺-御朱印スタッフ独自のランキング形式でお届けします!

人気の温泉の場所や行き方、価格、そして嵐山温泉の歴史まで、嵐山温泉のあれこれをご案内しますので、最後までごゆっくりご覧ください。

※ご紹介するサービス、価格等はすべて2018年7月現在のものです

いつからあるの?嵐山温泉の歴史

嵐山温泉の歴史は意外にもまだ浅く、温泉地としての始まりは明治時代の終わりから、大正時代(1912年~1926年)であると言われています。

大正時代には、嵐山温泉の温泉地に嵐峡舘(現在の「星のや京都」)などいくつかの温泉宿がありました。

星のや京都以外は、現存はしておらず、宿の数としてもせいぜい2~3軒という小規模な温泉地で、知名度も低く訪れる人は限られていたようです。

2004年(平成16年)になって、源泉を再度ボーリングした結果、湧出量は毎分81リットル、日量にして116トンと増え、温泉地としてようやく日の目を見る形となりました。

その後は、2009年に星のや京都が開業するなど温泉地として徐々に発展を見せはじめ、現在では神社仏閣の見学前後に訪れるお客でにぎわう温泉地となっています。

嵐山温泉 概要

  • 泉質:単純温泉
  • 源泉の温度:およそ35.2℃
  • 湧出量:毎分81リットル
  • 色:微白濁
  • 効能:特に美肌に効果が高いと言われるほか、神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労、ねんざ、冷え性、打撲、痔など

それでは、嵐山温泉で訪れてほしい、おすすめの温泉をご紹介しますえ。

 花伝抄(かでんしょう)

嵐山温泉の「花伝抄」は、阪急嵐山駅のすぐ前に建っています。渡月橋までは徒歩でおよそ7分。アクセスしやすい、よい立地のお宿です。

宿泊できるお宿ですが、デイユースプランがあり、日帰り入浴も可能なのが魅力的。

また、花伝抄のお風呂は「風呂ではなく、大湯屋」と称するほどの充実ぶり。

いわゆる大浴場にあたる「平安の湯」と、露天岩風呂「薬湯」のほかに、貸切できる湯屋が5つ用意されています。

貸切湯屋は、

  1. 壱の湯「霧の湯」:スチーム式蒸し風呂
  2. 弐の湯「夢想の湯」:ヒノキ風呂(わかし湯)
  3. 参の湯「茜の湯」:レンガづくりのラジウム露天風呂
  4. 四の湯「竹庭の湯」:竹の生えた庭に囲まれて入ることのできる炭酸露天風呂
  5. 伍の湯「絹の湯」:西洋の大理石風シルキー風呂

以上5種類がありますが、すべて予約制ではなく、料金も利用料に含まれていて無料となっています。

大浴場の奥に、貸切風呂のエリアがあります。予約制じゃないのに、どうやって利用するの……? という疑問については、誰かが入浴すると、貸切湯屋の入り口にランプが点灯するので、消灯を確認して次の人が入る、という仕組みになっているので、早い者勝ち!

「花伝抄」へのお問い合わせ先「住所・電話番号・IN/OUT時間・駐車場」

  • 住所:京都府京都市西京区嵐山西一川町5-4
  • 電話番号:075-863-0489
  • チェックイン;15:00 (最終チェックイン:25:00)
  • チェックアウト;~11:00
  • 駐車場:有り 27台
  • 総部屋数:105室
  • 設備:ドライヤー、タオル他
  • その他:将棋無料貸出・麻雀無料貸出・囲碁無料貸出
  • 日帰り入浴:可。
    12:00~18:00のうち3時間滞在2,777円~、
    15:00~21:00のうち6時間滞在夕食付き8,333円~(税抜)

 渡月亭(とげつてい)

嵐山温泉の歴史は明治の終わりからとお伝えしましたが、まさにこの渡月亭は、創業明治30年から続いている数少ない老舗旅館の1つ。

場所も、渡月橋の南側すぐ。圧倒的な地の利を誇り、観光には最適の場所に建っています。

中之島公園の中に松風閣(しょうふうかく)、それよりもさらに少し南に碧川閣(へきせんかく)と秀山閣(しゅうざんかく)という3棟を展開していますが、このうち温泉は、秀山閣に大理石の大浴場があります。

碧川閣に宿泊した場合は、部屋付きの露天風呂や半露天風呂を利用することができますが、温泉大浴場は秀山閣へ出向くことになりますのでご注意を。

「渡月亭」へのお問い合わせ先「住所・電話番号・IN/OUT時間・駐車場」

  • 住所:京都府京都府京都市西京区嵐山中尾下町54-4(渡月橋南詰め)
  • 電話番号:075-871-1310
  • チェックイン;16:00 (最終チェックイン:19:00)
  • チェックアウト;~チェックアウト10:00
  • 駐車場:有り 15台 無料 先着順
  • 総部屋数:25室
  • 設備:浴衣、タオル他

 花筏(はないかだ)

花筏は、嵐山温泉唯一の絶景露天風呂を有しています。嵐山温泉エリア自体が、そう広くないこともあって、温泉の選択肢はたくさんあるわけではありませんが、天狗が住むと言われる愛宕山をながめながらの入浴はぜひ体感したいところ。

眺望が自慢の展望露天風呂の他にも、もちろん内湯、そして部屋付きの露天風呂、予約制の貸切風呂も備えられています。

家族だけ、彼や彼女と2人だけで……とお考えの場合は、ぜひお風呂つきの部屋を利用してみては♪

宿泊までは……という場合、花筏では食事つきの日帰りプランが用意されていますので、こちらもぜひ検討してみましょう。

花筏 日帰りプランにつきましては、当サイト「【これ5選!】いい湯どすえ♪京都・嵐山(渡月橋)の 日帰り温泉ランキング!」にて詳しくご紹介しています。あわせてご確認ください。

「花筏」へのお問い合わせ先「住所・電話番号・IN/OUT時間・駐車場」

  • 住所:京都府京都市西京区嵐山中尾下町57
  • 電話番号:075-861-0228
  • チェックイン;15:30 (最終チェックイン:19:00)
  • チェックアウト;~10:00
  • 駐車場:有り 10台 無料 要予約
  • 総部屋数:13室
  • 設備:タオル、浴衣他

スポンサードリンク -Sponsored Link-






 翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都

外観は純和風、中を見れば和モダンなホテル、ラグジュアリーコレクション京都。

通常のお部屋には、珍しいモダンテイストのバスルームが備え付けられていますが、館内に宿泊者限定の貸切露天風呂「洛」と「庵」の2つを備えていて、こちらを利用することができます。

2つの露天風呂には、それぞれ「竹音の庭」と名付けられた、専用の日本庭園が付いており、入浴をしながらゆったりと眺められるという仕組み。

また、デラックスルーム以上の客室には、部屋に客室露天風呂があり、こちらでも嵐山温泉を独り占めすることができるでしょう!

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」へのお問い合わせ先「住所・電話番号・IN/OUT時間・駐車場」

  • 住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町12
  • 電話番号:075-872-0101
  • チェックイン;15:00
  • チェックアウト;~12:00
  • 駐車場:有り 9台 1000円(税込み/泊) 要予約
  • 総部屋数:39室
  • 設備:タオル、バスローブ他

 番外編 風風の湯(ふふのゆ)

番外編として、嵐山の日帰り温泉「風風の湯」をご紹介します!

こちらは、地元の人にも大人気の。日帰りで気軽に嵐山温泉を楽しむなら、ここに限ると言えるほどの温泉です。

内風呂、露天風呂ともに、嵐山温泉の泉質を充分に活かした癒しの湯となっています。

もちろんサウナも完備されていますよ!

館内で食事をいただくなら、内部レストランは無いのですが、近隣カフェからのデリバリーサービスを頼むことができ、こちらも休憩室でゆっくりと旅の疲れを癒すことができるシステムです。

「風風の湯」へのお問い合わせ先「住所・電話番号・営業時間・駐車場」

  • 住所:京都府京都市西京区嵐山上河原町1
  • 電話番号:075-863-1126
  • 営業時間;12:00~21:30(最終受付21:00)
  • 定休日:不定期
  • 駐車場:あり 26台
    ほか近隣提携駐車場あり。お問い合わせください

 嵐山辨慶

嵐山温泉では押しも押されもせぬ人気のお宿、嵐山辨慶を第1位にご紹介します!

立地は天龍時の境内にほぼ隣接しており、観光にも最適の場所。嵯峨野、嵐山界隈をひとまわりして、疲れた足を休めるにはまさに最適と言えるでしょう。

嵐山辨慶では、男女それぞれに露天風呂、このほかにヒノキ造りの貸切露天風呂(45分3,240円)が用意されています。

また客室の中にも、露天ジャグジー風呂がついた「渡月の間」、ヒノキ展望風呂のついた「保津川の間」「松の間」があります。

ただし、このうち温泉が出るのは「保津川の間」のみ! 嵐山温泉がお目当てならぜひ「保津川の間」を予約して。

「嵐山辨慶」へのお問い合わせ先「住所・電話番号・IN/OUT時間・駐車場」

  • 住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町34
  • 電話番号:075-872-3355
  • チェックイン;16:00 (最終チェックイン:19:00)
  • チェックアウト;~10:00
  • 駐車場:有 8台 無料 先着順
  • 総部屋数:10室
  • 設備:タオル、浴衣他

嵐山温泉でラグジュアリーなひとときを!

嵐山温泉が温泉地として盛んになったのはごく最近のこととはいえ、古くから貴族が、マロはリッチでおじゃる~とレジャーに訪れていた場所。

あなたも嵐山温泉に浸かれば、京都の高みをほんのりと感じることができるでしょう!

さらに嵐山温泉のとろりとしたお湯で旅の疲れを一掃し、ツヤツヤの美肌も手に入れれば、明日からのモテモテも間違いなし。

ぜひ嵐山温泉でラグジュアリーなひとときを過ごしてみてくださいね。

スポンサードリンク -Sponsored Link-




当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ